こうめちゃん

2006年6月 6日 (火)

その後の報告 4

《梨明の姉妹猫の里親さんから、メールがありました。》
先日は、こちらこそありがとうございました。
うちの子の名前は「こうめ」に決まりました。Dscf0563
先住猫は「キキ」と言います。
やっぱり、こうめが来て3日くらいは、キキがすごい勢いでシャーシャー怒って
どうなる事かと思いましたが、今はだんだん慣れてきて、こうめが近づいてもそんなに怒らなくなりました。
たまに噛み合いになったりはしますが、何とか仲良くなってくれそうな感じです。
キキも捨て猫出身ですが、最初はすごく警戒心が強く、1年経った今でもクールでマイペースな性格です。
それに比べて、こうめは人懐っこくまとわりついてきて好奇心旺盛で、怒ってるキキにもジャレて行くような
明るい性格です。
人に警戒心がなく、すぐにゴロゴロ喉を鳴らして甘えてくるこうめを見ていると、
捨てられるまではきっと、とても可愛がって育ててもらっていたんじゃないかな~と思います。
もちろん捨てるなんて許せないですが、そう思うと少し救われる気がします。
2匹でドタバタ賑やかに追いかけっこをしている姿を見ていると、本当にこうめを引き取って良かったなーと思います。
よく食べて、よく寝て、元気いっぱいのこうめです。
今、遊び疲れて私の膝の上でスヤスヤ眠っております・・。
本当に可愛いです!
梨明ちゃんも元気そうで何よりです。
では、また近況報告いたしますね。
ブログ、これからも楽しく読ませていただきます(^^)
画像送りますが、重かったらごめんなさい。
Dscf0567_1
一応、転載の連絡はしてありますが、NGのとにはお願いします(^_^;)ありがとうございました。
サムネイルですので、画像はクリックでおおきくなりますよ。
 

2006年5月31日 (水)

もらわれていきました

以前、3兄弟の時にエントリーしていてくださった方が、三毛の方をもらってくださいました。

だめもとのメールに、快く応じて、4歳の娘さん・ご主人と3人で待ち合わせ場所まで来てくださいました。

060531_1350 4歳の娘さんに

「どっちお子が可愛い?」

と聞くと、黙って三毛を指差しました。

子猫を見てニコニコと笑い。

「かーいーねえぇ。かーいーねぇ。」

と頭をなでてくれました。

ご夫婦は、元々1匹猫を飼ってらっしゃるそうなので、

「2匹・・・・引き離すとかわいそうだなあ・・・・。」

とまでおっしゃってくださいました。

でも、いいんです。

1匹でも幸せになれれば。

残ったぶち猫、うちで幸せにします。

ありがとう。

幸せを与えてくれて。

許せないのは

060531_1046 信じている瞳を裏切ること。

さっきまで、母親といて、
ころころと遊んで。

それがなぜ、暗いダンボールの中に2人きりなのだ。

捨てるのも人間。
でも、その命を救うのも人間。

2匹は今。

うちにいる。

娘1の友達が、夕べHELPを送ってきたのだ。

1年生の男の子が、拾ってしまった。

でもみんな飼えない。

何件も何件も電話して頼み込んで。

1年生と6年生の、兄弟でもなんでもない2人が、

小さな命のために、必死になっていた。

良かったね。

きみたちの命は、彼らがおばたんまでバトンを運んでくれたんだよ。

幸せを探そう。060531_1047

2006年5月30日 (火)

許さない

夜、娘の友人から電話が来た。

「近所の子が子猫を拾ったの。でもお互い飼えないの。」

下校途中、箱に入った子猫を拾ってしまったらしい。

お子様にありがちなパターン。

開けた箱の中には、ころころ太った、メス猫2匹。

さっきまで、お母さんのおっぱい飲んでましたみたいに、ころころと良く太っている。

少し大きめのダンボール。

側面には空気穴。060530_2000

ペット用シートの上に、古タオル。

人間を怖がらず、他の猫にも動じない。

近づいて匂ってみると、微かにシャンプーの香り。

なぜこんなことをする人間が後を絶たないんだろう?

明日から里親も探さなきゃ。

静岡県内で希望者があったら届けますわ。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ